九州国際重粒子線がん治療センター

文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大

電話番号0942-81-1897 診療時間9時から17時

交通案内

トップページ

センターの紹介

重粒子線について

受診を希望される患者さんへ

ご紹介くださる先生方へ

よくある質問

重粒子線治療について

トップページ>重粒子線治療について
重粒子線がん治療

Adobe Flash Player を取得

重粒子線がん治療とは

重粒子線がん治療は、放射線治療法の一つです。

治療法

 重粒子線がん治療は、炭素イオンを、加速器で光速の約70%まで加速し、がん病巣に狙いを絞って照射する最先端の放射線治療法です。
従来の放射線治療で使用されるエックス線やガンマ線は、がん病巣に対して体外から照射すると、体の表面近くで放射線量が最大となり、それ以降は次第に減少していき、体の深いところにあるがん病巣に十分なダメージを与えることができません。また、がん病巣以外の正常細胞にもダメージを与えてしまいます。

照射イメージ


一方、重粒子線及び陽子線は、体の表面では放射線量が弱く、がん病巣において放射線量がピークになる特性(ブラッグ・ピーク)を有しています。このため、がん病巣をピンポイントで狙いうちすることができ、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能です。
特に重粒子線は、陽子線よりもさらに線量集中性が優れ、がん細胞に対する殺傷効果が2~3倍大きいとされているため、照射回数をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能です。

粒子の大きさ

 炭素イオンは陽子の12倍の質量があります。
加速する粒子が重いものほど、つくり出される粒子線の破壊力も大きくなります。

 

重粒子線がん治療の特長

がん病巣を集中的に照射

従来から放射線治療に用いられるエックス線の場合、体の表面近くでその効果だ最大となり、エネルギーを出しながら体を通り抜けます。一方、重粒子線は、体のある一定の深さでエネルギーのピークを迎え、その前後では弱く抑えられるという特性があります。このピークになる深さをがん病巣の位置に合わせることで、がんだけを集中的に狙いうちすることができ、体の深いところにあるがんにも治療効果が期待できます。

線量分布のイメージ図

各放射線の生体内における線量分布グラフ

副作用が少ない

がん病巣だけを集中的にたたくため、まわりの正常細胞へのダメージ(=副作用)を最小限に抑えることができます。

通院治療が可能

体を切らずに済むため、通院でがんを治療できます。また、高齢などで体力に不安がある方の治療も可能です。

難治性がんの治療も可能

骨肉腫など従来の放射線治療が効きにくいがんや、複雑な場所にあるために手術が困難ながんにも治療の可能性が広がります。

治療期間が短い

重粒子線は、陽子線やエックス線、ガンマ線と比べて、がん細胞を殺傷する能力が2~3倍ほど高く、一回の照射で得られる効果が大きいため、治療期間を短くすることができます。

照射回数の一例

重粒子線の効果

fig1.jpg
 ▲資料:放射線医学総合研究所

  • 重粒子線は、生物学的な効果(がんを殺す力の大きさ)が、陽子線の2~3倍大きい。
  • 重粒子線は、通常の放射線治療抵抗性腫瘍として知られる低酸素状態にあるがんにも効果的な治療が可能です。 
ページトップへ
九州国際重粒子線がん治療センター (サガハイマット)
 

〒841-0071 佐賀県鳥栖市原古賀町3049番地
電話:0942-50-8812 FAX:0942-81-1905

交通案内

お問い合わせ

Copyright© 2013-2014 SAGAHIMAT. All Rights Reserved.