九州国際重粒子線がん治療センター

文字サイズ小文字サイズ標準文字サイズ大

トップページ

センターの紹介

重粒子線について

受診を希望される患者さんへ

ご紹介くださる先生方へ

よくある質問

センターの紹介

トップページ>センターの紹介>センター長あいさつ

センター長あいさつ

 DSC_0725 トリミング(センター長挨拶用).jpg重粒子線がん治療は、がん組織への線量集中性にすぐれ、がん細胞殺傷効果も高いため、体力を消耗せず、副作用が少なく、短い期間で外来での治療が可能です。当センターでは20138月末の治療開始以来、前立腺、頭頸部、肺、肝臓、膵臓、骨軟部などの様々にがん対して、予想をはるかに超える1300名以上の患者さんに治療を行ってきました。20164月からは一部の腫瘍(切除非適応の骨軟部腫瘍)の治療に重粒子線の有用性が高く評価され、初めて公的医療保険が適用されることになりました。

 

これからも、九州を中心とした医療機関との連携協力によって、より多くの患者さんに質の高い医療を提供して参ります。また、他の重粒子線治療施設とともに、治療方針の標準化及び治療データの蓄積を行い、将来、他の疾患にも保険適用が広がるよう努めてまいります。

 

がんの治療法も多様化し、患者さんが治療法を選択できる時代です。重粒子線治療に関する正確な情報を伝え、サガハイマットに来てよかったと思ってもらえる施設となるよう良質な医療を心掛けていきます。


2016年4月

九州国際重粒子線がん治療センター

センター長  塩山 善之

ページトップへ
九州国際重粒子線がん治療センター (サガハイマット)
 

〒841-0071 佐賀県鳥栖市原古賀町3049番地
電話:0942-50-8812 FAX:0942-81-1905 

交通案内

お問い合わせ

Copyright© 2013-2014 SAGAHIMAT. All Rights Reserved.