施設紹介

施設レイアウト図

外観

外観写真
外観写真

待合エリア

内装は木の温かみを生かした造り。「光の中に生きる」と題したステンドグラスには、緑を基調に「光」「大樹」などが生き生きよ表現されています。また待合スペースは、プライバシーに配慮して5つに区画。ゆったりとした広さを確保し、落ち着いた雰囲気の空間にしました。 

待合エリア写真
待合エリア写真
待合エリア写真

治療エリア

治療室は3室あり、治療室Aは水平と斜め45度から、治療室Bは水平と垂直の2方向から照射できます。3室目となる治療室Cには、将来、次世代型の3次元スキャニング照射装置の導入を予定しています。 

治療エリア写真
治療エリア写真
治療エリア写真

装置エリア

建物のおよそを半分を占めるのが、シンクロトロンを呼ばれる直径20メートルの円形加速器を中心とする装置のエリアです。重粒子線のもとになる炭素イオンは、イオン源と呼ばれる装置でメタンガスから作り出します。この炭素イオンをまず線形加速器で光の速さの約9%まで加速。更に、シンクロトロンで、光の速さの約70%まで加速し、治療に必要なエネルギーまで高めて治療室へと送り、患者のがん病巣へと照射します。 

装置エリア写真
装置エリア写真
装置エリア写真
ページトップへ
九州国際重粒子線がん治療センター (サガハイマット)
 

〒841-0071 佐賀県鳥栖市原古賀町3049番地
電話:0942-50-8812 FAX:0942-81-1905

交通案内

お問い合わせ

Copyright© 2013-2014 SAGAHIMAT. All Rights Reserved.